×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式の髪型の悩み1

結婚式の髪型の質問でよく聞かれるのが、「結婚式に出席するときに花(造花)を頭につけようかと思いますが…」というものです。
出席者の中で造花の髪飾りをつけていた方は和服(晴れ着)を着た方のみです。それも、あまり目立たなく、シックな色にします。
洋装の方でお花の髪飾りをつける方はいません。どちらかというと、胸元にコサージュをつけられた方が引き立つような気がします。
結婚式の髪型の基本は、『控え目』です。結婚式は、出席者が目立つ場ではありません。やはり、結婚式の一番の主役は新郎新婦です。ここぞとばかり目立つような格好(髪型)で出席するのは、礼儀・マナーとしてはよくありません。結婚式の出席者は、幸せな結婚をする新郎新婦を祝ってあげる立場です。
控え目で、清楚な感じがする髪型で出席すればOKです。あとは、心から新郎新婦を祝福してあげましょう。

結婚式の髪型の悩み2

結婚式の髪型の悩みで次に多いのが、「結婚式という場に、髪を結ったりせずストレートのままというのは
おかしいでしょうか?」というものです。
結婚式披露宴では、友達、会社の同僚が式を盛り上げてくれます。親族は後方で見届けるといった感じです。そして、結婚式に呼ばれている友人のほとんどが、『素』な感じです。
女性ですと、ある程度のドレスアップなどしている方がほとんどです。派手過ぎず、でもオシャレに決めています。新郎新婦への祝福の意を込めて、『オシャレ』はするべきだと思います。
そして、髪型ですが、ストレートの方は多いです。髪を結ったりする方もみえますが、全体的にはストレートのままの方が多い感じです。ストパーをあててサラサラにすると好感度もアップします(←控え目ですが、清楚な感じが出ます)
ツヤやキラキラ感の出る『ヘア剤』をつけたりしてもおしゃれ感が増すのでお薦めです。

結婚式の髪型のまとめ

結婚式に呼ばれたときに、女性が一番悩むのが髪型です。服装は、同席する人に合わせておけば良いのですが、髪形だけは人それぞれです。
雑誌などでは、「髪が長い人はアップにしなさい」とか「美容院には必ず行くべきです」などと書かれていますが、芸能人の結婚式ではありませんw 芸能人の場合は、メディアへの露出も考えて、皆さん、かなり派手に決めて出席します。
でも、一般の結婚式では、その逆です。わざわざ美容院に行って、アップでガチガチに固めた感じにする必要もありません。髪型は、ストレートのままでも全く問題ないですし、横をピンで止めたりする程度が普通です。
結婚式に呼ばれたときには、髪型よりも、着る服や小物に気を配った方がいいです。ワンポイントのアクセントが、さりげないオシャレを演出しますし、新郎新婦や親族の方にも失礼に当たりません。
結婚式での髪型は、普段の感じ+『ツヤ・キラキラ感』を出すことがポイントです。ヘア剤を有効活用してみて下さい。それだけでも随分とオシャレな感じになりますし、目立ちすぎず、良い感じのポジションを取れます。
精一杯、結婚式では新郎新婦を祝福してあげて下さい!!

Copyright © 2007 結婚式の髪型なら結婚式髪型館